So-net無料ブログ作成

1990 -Amsterdam- [1990 Europa]

2019020901.jpg
(MINOLTA α7700i / AF ZOOM 35-105mm f3.5-4.5 / RHP / EPSON GT-X970)






2019020902.jpg


2019020903.jpg


2019020904.jpg


2019020905.jpg


2019020906.jpg


2019020907.jpg


2019020908.jpg





午前中にルーベンスハウスなどを廻った後、昼過ぎの列車で2時間ほど掛けてアムステルダム
に入る。

まずはvvv(観光案内所)に行き、そこで紹介してもらったYHへ行くが満床であった。
まさか二晩続けて宿難民か?と思いきやドミトリーを紹介してくれたのでそちらに行く。
12人部屋に1人で泊まれるという空きようで、その夜の宿は無事に確保できた。

アムステルダムは運河の街。
通りを歩いているとすぐに運河に出会う。
運河の街なら運河から街を観なければ、と思い観光船に乗る。
日記によるとこの観光船、ミュージアム・ボートという舟で運河を巡るが主だった博物館や美術
館などの近くの任意の桟橋で降り、目当ての美術館などを鑑賞したあと約1時間後に来る次の便
に乗って運河巡りを続ける、というものであったようである。
広島には市内の観光地、美術館などを巡回するバスがあるが川を利用する手もあるかもしれない
な、とあらためて考えたりする。
30年前の異国での「河景 -運河-」であった。


メモによると両替レートは80円/1ギルダーとある。
ちなみに、件のドミトリーは2泊で50ギルダー(内、キーデポジット10ギルダー)とあるので
2000円ということになる。







nice!(19)  コメント(2) 
共通テーマ:アート

nice! 19

コメント 2

JUNKO

30年の時間が実にいい渋さを出していますね。川の利用確かにいですね。
by JUNKO (2019-02-10 22:55) 

icarus

>JUNKOさん
熟成されてきました。(笑)
by icarus (2019-02-11 22:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。